自己破産は色々と大変です

自己破産というのは借金を帳消しにすることができるのですが、では無一文になるのかといえばそういうわけでもないです。

終わった後の生活費として2ヶ月分くらいを用意することが許されています。具体的にいますとそれは99万円という条件があります。 自己破産であるからといって生きるお金すら持っていかれるというわけではないというのがポイントがあります。

焦ることはありませんが、自己破産というのはもう無理だと思ったら即座に決断をする必要性もあったりします。さらに言えば自分でできるわけではなく法曹資格を持っている人にお願いすることになります。

詳しくは、自己破産で有名が自己破産24時を参照するとよいでしょう。

自己破産24時

つまりは弁護士などになりますが、 どうせそれには費用がかかることになりますから、そちらの費用も考えておく必要があります。当たり前ですが自己破産をしますと債務の免責されるわけですが、弁護士費用に関してはその手のメリットは特にないです。そんなことをするのであれば弁護士が引き受けるメリットがないですから当然と言えるでしょう。

個人再生の体験

10年ほど前に、個人再生を経験しました。
当時は今のような法律もなかったため、借金を借金で返すことが出来ましたので、11社より借り入れをして約800万円ほどだったと思います。
子供が小さくて妻が働けなく、家も購入してしまったため、軽い気持ちで借り入れを始めましたが、やはり簡単に借りられてしまうことが、金銭感覚を麻痺させてしまい、最後は取り立ての電話が毎日のようにかかってくる状態でした。
当時の役所が発行している広報に「借金の相談窓口」が載っていたので思い切って連絡してみると、意外とあっさり弁護士事務所を紹介してくれて、弁護士に言われるがまま、手続きを行い、裁判所からの許可が下り、3年間で180万円ほどの返済で勘弁していただけることになりました。
紹介された個人再生弁護士というサイトで紹介されている弁護士で実績もかなりある方でした。

当時はこの状況を変えたいと思う一心で、弁護士費用等は言われるがままお支払いした記憶がありますが、当時の資料を今、読み返してみると75万円ほど弁護士事務所に払っておりました。
官報にも載るとのことでしたので、図書館に行って探してみましたが、あまりの多さに個人的にはびっくりしました。何冊かひっくり返してみてやっと自分の名前を探し当てたといった印象でした。
その後、3年で完済し、今ではカードも普通に持てるようになりました。
収入と支出のバランスはしっかり考えて使わないと、めんどくさいことになりますよ。
また、今、めんどくさいことになっている人は、早く弁護士事務所に相談することをお勧め致します。自分でなんとか出来るなら努力することも大いに結構だと思いますが、現在法律が厳しくなっていますので、収入に対して何%までしか借りられません。それ以上になると、闇金等になってしまいます。闇金を使ってしまうともっと大変なことになりますので、早めに相談に行くことをお勧め致します。