借金を背負わされ別居中、転職してやり直したいという男性の話

趣味関係で知り合った男性、それなりの企業にお勤めで年収も平均よりはいいと思われましたが、ある時彼の身の上話を聞いてお金について深く考えさせられることとなりました。)

彼は40代後半、見た目に穏やかで優しそうな感じで話し方もソフトで人当たりがいいタイプでした。
結婚して20年以上、子どもは2人大学生とお金のかかる時期です。
現在は彼は実家で両親と同居中、奥さん、子どもとは別居中でした。理由は奥さんの浪費による借金と夫婦関係が冷え切っていることで離婚したいからだそうです。
離婚したいと片方が思っていても、相手に拒否されれば調停、裁判など手続きをとらねば離婚できない仕組みになっています。
当然、奥さんは金づるを逃すかと離婚は断固拒否しているそうです。実際のところ配偶者の浪費による借金があるからといってすぐに離婚とはならないのです。
婚姻費用、借金返済分、住宅ローン、子どもの学費と彼の肩にはかなりの負担がのしかかっている状態でした。
このまま一生、借金のためだけに働いて人生を終えるのは嫌だと彼はようやくここにきて覚醒したと言います。
そこで今勤めている会社は思い切って辞める決意をしたそうです。
激務でストレスが多い毎日、給料やまだ出てもいない退職金を別居中の妻に奪い取られるだけなら、今ここで辞めてしまおうというわけです。
途中で辞めて出る退職金、子どもの学費に充ててちょうど足りるぐらいだそうです。
借金は家を売って帳消しに、奥さんが反対すれば自己破産も考えるとのこと。
とにかく借金を帳消しにして、転職して人生をやり直したい、そういう気持ちで今はいるそうです。

平均以上に稼いでいるサラリーマンだったのに、考えなしの妻のクレジットカードによる借金のおかげで歯車が狂って、家も職も手離すことになる、本当にお金というのは使い方を間違うととんでもないことになるとこの話を聞いて自分の胸にしっかりと刻み付けました。
お金で幸せになることもできるけど、不幸になるのもまた簡単です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です